RESAS de 地域探究実践校 募集のお知らせ

RESAS de 地域探究実践校 募集のお知らせ RESAS de 地域探究実践校 募集のお知らせ
対象

学校教育法第一条で規定する、小学校、中学校、中等教育学校、特別支援学校、高等学校、高等専門学校のほか、民間の教育団体等を含みます。

複数校での合同開催・合同授業の実施も歓迎です。原則として、学校・団体単位の参加を想定しておりますが、教員・指導員単位での参加を希望する場合は別途ご相談ください。

内容

RESAS for Teachers」に掲載の8種の授業モデル(RESAS副教材)を実際の授業で活用し、実践報告書を提出いただきます。(後述の、探Q!RESAS(成果発表会)への参加は任意です。)
掲載授業モデル(科目別)は以下のとおりとなります。




地方のチェンジ・メイカー育成プログラム
「地方から世界へ」を考える
理系のための探究プログラム
地域の課題を発見し解決に取り組む探究学習「○○(市)活性化プロジェクト」



「生活圏の調査と地域の展望」でのRESAS活用

収集したRESASなどの複数の情報を根拠に、自分の意見をまとめて論述しよう

データを根拠に意見を主張してみよう

訪日外国人の動向理解

授業モデル(教材)はカスタマイズいただいて問題ありません。実施する時限数も自由です。

応募方法

このページ下の申込みボタンよりお申し込みください。
応募に必要な事項は以下のとおりです。
・学校・団体名称
・申込者情報(所属、連絡先、書類郵送先住所など含む)
・使用する教材の選択(複数選択可)
・授業・取組み計画概要(100文字程度)
・団体代表者の同意(必要な場合)
・探Q!RESAS(成果発表会)への参加希望有無

応募締切

1次募集:2020年8月21日(金)
2次募集:2020年9月18日(金)
※募集の状況により、2次募集締切9月18日(金)前に募集を締め切る場合もあります。ご注意ください。

留意事項

RESAS de 地域探究実践校に応募いただいても、応募状況によって、探Q!RESAS(成果発表会)でご発表いただけない場合があります。

募集要項はこちら

お申し込みは締め切らせていただきました

本事業は内閣府が実施し、大広、日経BPが業務の一部を受託しています。
内閣府の個人情報の取り扱いについては、こちら

「探Q!RESAS」(成果発表会)

全国を10ブロック程度に分けて、各ブロックで実践された授業の成果発表の機会を予定しております(2020年11月頃)。(実施日時・場所については、応募状況等により変更の可能性があります。また新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、オンラインでの開催となる可能性もあります。)
なお、探Q!RESAS(成果発表会)への参加は必須ではありません。希望する学校・団体のみご参加いただくことを想定しております。参加希望については、9月頃に改めて確認させていただきます。希望する学校・団体が多い場合は、別途選考の上、参加校・団体を決定するなどの対応を検討いたします。
参加する学校・団体の教員・指導者2名、生徒5名までの旅費は、内閣府が規定額を全額負担します。ただし、上記を超える金額については各自の負担となりますのでご注意ください。

【プログラム概要(案)】
・RESAS de 地域探究実践校の教員及び生徒による授業の成果発表
・懇親会(昼食)
・RESAS専門委員から成果発表に対する講評
・地方公共団体、地元企業等からの発表(教育に期待すること)
・教員・生徒からの発表(フィールドワークの協力依頼や政策アイデア等)

実践報告書の作成・提出

12月頃を目途に活動内容を報告書として提出いただきます。

その他

RESAS de 地域探究実践校に選定された場合は、名称等は公表されます。授業の様子なども公開される可能性があります。予めご了承ください。
なお、内閣府を介さずに、地元の新聞やテレビ局などに取り上げていただくことは問題ありません。その際は、ご連絡いただき、可能であれば掲載された記事や動画を共有いただければ幸いです。
教員同士や地方公共団体、地域の商工団体、企業等とのコミュニティ形成を図り、来年度以降の自律的発展に向けたシンポジウムを開催する予定ですので積極的な参加をお願いします。(2021年2月頃に東京にて開催予定)

お申し込みは締め切らせていただきました

本事業は内閣府が実施し、大広、日経BPが業務の一部を受託しています。
内閣府の個人情報の取り扱いについては、こちら

ホームへ戻る